FC2ブログ

母と肉体関係になって5年・・・

エロエロちゃんo(~∇~o)(o~∇~)o母と肉体関係になって5年・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
である弥生と肉体関係になって5年が過ぎました。
弥生は20歳で俺を産み、2年後に妹を産みその後父親と離婚し、
の実家のそばに越してきました。
2006060817523114.jpg645-1.jpg654-1.jpg
熟女人妻専門ライブチャット
14歳だった俺は部活を休み、アパートへと帰りました。
と、アパートの前に見慣れない車が止まっていました。
「あれ?」気にはなりましたがかまわず玄関に行くといつもは閉まっている
鍵が開いていました。
ドアを開けるとそこに男の靴・・・
耳をすますとかすかにの声と男の声が・・・
「あっ・・・あん!・・・ん・・」
「はぁ・・・あぁ・・・いい!・・・いいぞ!・・・」
間違いなくアノ声でした。
僕は全身の血流が逆流するような感覚に襲われ、何も考えずに家に上がり、
声のする部屋へ入っていきました。
そこには全裸のと同じ会社の男が・・・
「てめえ!何やってんだ!このやろう!」
裸の男に突進し、殴る蹴るの嵐。
はびっくりした顔をし、そこにあったタオルケットで体を隠し、部屋の隅
に逃げました。
男は俺の攻撃をすり抜け、衣服を持って玄関に逃げていきました。
あとには興奮している俺と、弥生。
は涙を流していました。
俺はぶつけようの無い感情を辛らつな言葉にしてに浴びせました。
母は、黙って涙を流し、下を向いていました。
その中で俺は「そんなに男が欲しいのか?」という言葉が口をつきました。
母は黙っています。
その、母の格好を見ていたら、なんだかヘンな気持ちになってきました。
母はその時34歳でしたが、顔は童顔で、20代半ばには見えました。
とっさに母の体を隠していたタオルケットを剥ぎ取りました。
母は何も抵抗せず、僕に裸体をさらけだしました。
ちょっと肉がついていましたが、やわらかそうな体に僕の体が反応するのに
時間はかかりませんでした。
「そんなにセックスがしたいなら、俺がしてやる!」と叫んで母に襲いかか
りました。
母はびっくりして「こら!やだぁ~!何考えてんの?やめなさい!」と強い
口調でいいましたがかまわず乳首に吸い付き、指で股間をまさぐりました。
行為の途中だったので、アソコは濡れ濡れ、
「こんなにしやがって!途中で終わってがっかりしたんだろ?」
そんな言葉、今まで言ったことなかったのにその時は弥生が知らない男と
そんな事をしていたことがとてもショックで、口走っていました。
それと、母である弥生のオンナの姿を見たことで僕の中で何かがはじけて
しまったのでした。
弥生は何とか逃げようとしましたが、アソコをいじられ、乳首を攻められ、
だんだんと力が抜けてきて、僕が弥生の唇を奪おうとするのを最初は拒否
していましたが、一旦唇に吸い付くと、僕の差し入れた舌に自分の舌を
絡めてきて、最後には抱きついてきて来ました。
僕はここで服を脱ぎ、弥生の前で全裸になりました。
当然ビンビンになっています。
そして、再度弥生に覆いかぶさり、足を開かせ、先端を弥生の入り口に
あてがい
「今から、いれるからね!いいね!」
というと弥生は潤んだ瞳で僕を見つめ返し
「もう・・・誰にも言っちゃダメよ・・・」
と、つぶやき、僕の首に手を回してきました。
僕は最後の念押しで
「いい?これからは誰ともセックスしちゃだめだかんね!わかった?
俺が母さんを満たしてあげるから!いいね?」と尋ねると
「ごめんね・・・○○(僕の名前)・・もう、しないから・・許して・・
ね?」
「じゃあ、約束して、俺としかしないって・・できる?」
「うん・・わかった・・・○○としかもうしません・・・」
「あの男とはもう別れて・・いい?」
「元々そんな深いつきあいじゃないから・・・」
「それで、あんなことしてんの?」
「それは・・・なんとなく・・・・」
「も~!!!!!いい?これからはダメだかんね!わかった?」
「わかりました・・・ごめんね?」
そういって弥生からキスをしてきました。
それを合図に僕は弥生の中に入っていきました。
「あぁ~!!!・・・○○が・・・はいって・・きた・・」
「あぁ・・・母さん・・・あああ・・・あったかい・・・」
「うふ・・ん・・ねぇ、○○~女の子としたこと、あるのぉ~?」
僕は首を横に振りました。
「あ~・・あたしが初めてなの?いいの?」
「全然、いい・・・母さんで・・・」
「○○~・・・いいわよ、好きなように動いてみて・・あ!」
そう言われ、僕は激しく腰を弥生にぶつけ始めました。
「あ・あ・あ・あ・・・・いい!・・いいわ・・・そう・・あん!」
「はぁ、はぁ、・・弥生・・・やよい~!・・・」
「○○!・・・いい!・・もっと・・もっとぉ~!」
「あぁ~・・弥生!・・・イキソウダヨ・・・きもち・・よくって!」
「いいわよぉ~・・・きてぇ~○○~・・・いっちゃってぇ~!!!」
「あ・・・やよ・・い・・いっちゃ・・う・・あぁ~!!!」
「あ!きた!きたぁ!!!!」
弥生は僕の腰を自分のほうに引き寄せ、僕は弥生の中に全てを放出しまし
た。

弥生の上に覆いかぶさると、やさしく頭をなでてくれてました。
「○○・・・いい子・・・んふ!・・・かわいい・・」
僕は「ねぇ、中に出しちゃったけど、平気なの?」と聞くと
「今日は大丈夫な日だから・・・多分平気よ!」
「多分って・・・」
「○○の初めてだったから・・・好きにさせてあげたかったのよ・・
どぉ?初めては・・・よかった?」
「うん、すごく!母さんのアソコ、気持ちよかったよ」
「ねぇ~、アンタも大きくなったのねぇ~」
ヘンな風に感心しています。
「ねぇ、○○、あんた、こんな風になっちゃって、後悔してないの?」
「してないよ・・・母さんは?」
「そうねぇ~・・・してない!してないわ!もう・・・こうなっちゃし・・
でも、約束よ、このこと、誰にも言っちゃダメよ、言ったら全てがおしまい
になるから・・・」
「わかってる・・・わかってるよ・・・」
「特に××(妹の名前)には気付かれないように・・ね?」
「うん、わかった・・・気をつけるよ」
そういうと弥生は軽くキスをし、
「そろそろ、あの子帰ってくるかもしれないから・・今日はおしまい」
といって着替え始めました。
「あのさ、母さん」
「何?」
「二人きりのとき、弥生って呼んでもいい?だめ?」
「う~ん・・・二人っきりのときなら・・・ね?」
にこっと笑ってくれました。

【PR】一般家庭の奥様とお話しませんか?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 





keikoの筆狩日記がむちゃらエッチな写真タダ(無料)ブログナオミが体験したヌメヌメなお話♪keikoの筆狩日記裸婦天ブログおねえちゃんブログ人妻とセックスしました。おっぱいの楽園♪ ウラブログピンクパラダイス!妻MAP@出会い体験談【2ch】ニュー速クオリティkeikoの筆狩日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ