FC2ブログ

混浴露天風呂で母と・・・

エロエロちゃんo(~∇~o)(o~∇~)o混浴露天風呂で母と・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の家は、小さな中華料理店を営む、父(61)、母(53)と跡継ぎとして、よその店で修行中の僕(25)の三人家族、今月の中頃、両親と日を合わせて、遅めの夏休みをとり、1泊2日で温泉旅行に行った時のことです。旅館で、食事をした後、温泉につかり、三人で旅館のスナックでおおはしゃぎをして、カラオケを歌いまくり、かなり酒を飲み、三人ともかなり、酔っ払っていました。
35474.jpg35616.jpg35626.jpg
人妻無料ムービー
ナックも閉店になった頃、父は一人では歩けない程酔っていて、僕が部屋までおぶって行き、母はその後ろから、フラフラになりながら付いて来た。父を布団に寝かせ母と私は冷蔵庫のビールをあけ再び乾杯をした。母はケタケタと笑いながら、「お父さんも、だらしないわねぇ、最近すぐ、寝ちゃうんだから」、私も「しょうがないよ、年寄りなんだから」と顔を見合わせて笑った。しばらくして、母が酔い覚ましに風呂に入ると言うので、僕も入ろうと一緒に部屋を出た、最初は別々の大浴場に入るつもりだったが、途中、看板で、『混浴露天風呂』の看板を見つけた僕は、酔って見境もなく母に、「ねぇ、露天風呂だって、よくない?」というと、母も舌っ足らずな口調で「あ~、ホントだぁ、いいわねぇ」といい、二人でなだれ込むように脱衣所に入った、僕が先に湯に浸かっていると、すぐに母もやって来た。オッパイもろだしで、股間にタオルを当て、僕の目の前で湯に入った、ほかに、一人おじさんがいて、母が湯に浸かるまで、まじまじと見つめていた。僕は母に小声で「母さん、あの親父ずっと見てたぜ」と言うと、「えっ?あらヤダ、酔ってて全然気付かなかったわ」と胸を腕で覆い、おじさんの方を見ると、その人は、そそくさと出て行った。母は尚も「いやあねぇ、迂闊だったわ」と言った後、両腕を広げ、首まで湯に浸かり力の抜けたような顔をしていた。僕は酔って朦朧としながらも、水面に覗く母の裸体を見て、ちんぽがぐんぐん大きくなってきた。母は文字通りグラマーで、胸は抜群にでかく、かといって年齢からイメージする程体の線は崩れ手いなかった。思わず見入ってしまった僕に母は、「ん?、ここにも痴漢」と僕を見返し、僕は慌てて湯から上がり、体を洗い始めた。すると母がやってきて、「こら、罰としてお母さんの背中を流しなさい」と私に背を向けた、僕は自分の体を洗ったあと、母の背中を流し、又、二人で湯に浸かった。僕は、背後から「さっきのご褒美!」と母の胸を掴むと、母は拒む様子では無く「あ~、やったなぁ、お返し!」と僕のちんぽを掴んで、しごき出した。僕は咄嗟に、母を立ち上がらせ、湯船の岩場に手を着かせると、「そんな事すると、おしおき!」と言って、母のおまんこに挿入してしまった。酔っていてボーッとしていながらも、抵抗感無く、ヌルッと入った時の感触は、今でもはっきりと覚えている。母も酔っていて感覚が鈍いのか、最初は感じてる様子も無く「いやぁ~ん、それはだめよぉ~反則じゃない~」と言いながらも抜こうとするでも無く、されるがままになっていた。僕は「あれぇ、気持ち良くないの?」と言うと「ん~?入ってるのわかるよ~、お父さんより大きいみたい」とあっさりと言われ、どうせ抵抗されないなら、感じてる姿を見てみたいと思い、母の片足を腰に抱えるようにして、より深く刺さるようにすると「んっ、、んっ、、んっ、、はあぁっ、」と声が漏れ出し「あっ、あっ、そんなに奥に入れたら、だめよ、んっ、、」「気持ち良くなってきた?」と聞くと「う、うん、奥に当たってる、、、だんだん、気持ち良くなって来た、ううん、、あん、、あっ、奥までっ、」そのまま動きを早くすると「ああ~~んん~~いやあぁ~ん。そんな、すごい~~」と背中をのけぞらせた。誰かが来てしまうのではというスリルとは裏腹に、酔って感覚が鈍くなっている僕のちんぽは、中々絶頂を迎えず、延々と母に突き続けること30分近くようやく終わりに近づいてきた。僕はそのまま逝く事も伝えず、母の子宮の奥に射精した。そして、ちんぽを抜くと、精子がボタボと子宮からお湯の中に落ちていった。僕はお湯で母のおまんこを綺麗にしてそのまま指を入れて手マンで母を逝かせた。「あ~~、だめ、あ~~そんな乱暴にしたら、あ~~、だめ、だめ、いやぁ~、あああぁ~~~~」と絶叫に近いような声で逝った。そうしてもう一度、お湯に浸かり直して、暫くディープキスをした後、風呂から上がり、部屋へ戻った。父は高いびきで寝入っていて、僕と母は、もう一本ビールを飲んでそれぞれ床に就いた。 翌朝、目が覚めて、父が朝湯に入ると言うので、部屋を出て行った。僕は母に「夕べのこと覚えてる?」と聞くと母はためらいながらも小さく頷いた「ねぇ、もう一回ダメ?」といいながら、朝立ちしたちんぽを握らせ母は、一度廊下を確認して「お父さんが来ない内にねっ」と布団に寝転び僕も母も浴衣のままつながった、思い起こすと二人とも下着をつけていなかった、酔いがさめた僕は5分程で母の中に射精し、母はおまんこを手で塞ぎながら部屋にあるトイレに駆け込み、トイレットペーパーで拭いて流した後「まだ、残ってるから、私もお風呂に行って来る」と言って浴場へいった。 そしてその後は、僕も母も何食わぬ顔で朝食を取り、宿を後にした。帰ってきてからは、タイミングが合わず、母とはしていないが、お互いする気は満々で、父の目を盗んでは、下半身をまさぐり合ったり、キスをしたりして、その日が来ることを待ち望んでいる。
人妻好き以外クリックしないで下さい





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 





keikoの筆狩日記がむちゃらエッチな写真タダ(無料)ブログナオミが体験したヌメヌメなお話♪keikoの筆狩日記裸婦天ブログおねえちゃんブログ人妻とセックスしました。おっぱいの楽園♪ ウラブログピンクパラダイス!妻MAP@出会い体験談【2ch】ニュー速クオリティkeikoの筆狩日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ