FC2ブログ

ついに娘としてしまいました。

エロエロちゃんo(~∇~o)(o~∇~)oついに娘としてしまいました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ついに娘としてしまった。私は、45歳で娘の理恵は21歳。理恵とは、理恵が
高校生のころ冗談で、キスをしたこともあり、妻が留守のころは、何回か一緒のベ
ッドに寝ることはあっても理性を保っていられたのですが、その禁断をついに破っ
てしまった。
出会いサイト最新事情
34929.jpg34928.jpg34957.jpg
今晩も妻は留守でそれぞれ風呂も入り、私がベッドに入ってからしば
らくしてから、理恵が「お父さんまた、一緒に寝てもいい?」と聞いてきたので「あ
あ、いいよ。」といつものように答えてしまいました。理恵は、「やっぱりひとりで
寝るより二人で寝るほうが安心するね。」と言い、Tシャツとパンツだけの姿で嬉し
そうにモコモコと私のベッドに潜り込んできました。私は、いつものように腕枕を
してあげ、「理恵はまだまだ子供だね」といったら、ちょっと怒った顔で「私、もう子
供じゃないよ。経験だってあるし・・・・。」と言った言葉に私は、ビックリして
「えっ?い、いつ経験したんだ!」と聞き返してしまった。考えれば理恵は、21歳だ
し、経験があってもおかしくはないのだ。しかし、親としてはそのことは考えない
ようにしてきたのかもしれない。
理恵が言うには、高校2年の時、その時の彼と一回だけの関係だと打ち明けてくれ
た。私は、嫉妬を含んだ言葉で、「それだけか?」と確認したら「うん・」と言い、私
の胸に顔を埋めてきたのでそれ以上は追求せず、黙って抱いているだけにしてい
た。私は、理恵の背中に回した右手でゆっくり背中をやさしく愛撫していると、不
覚にも硬くなった下半身を理恵の太ももに触れてしまった。理恵は、一瞬ビクッと
したが、大胆にも私の背中に回していた左手を私のトランクスの中に入れてきた。
私は、戸惑いながらも黙って理恵のやりたいようにさせていた。理恵は、なれない
手つきでしばらく握りながら動かしていたが、左手ではもどかしいのか右手に代え
て前後に動かすようになった。私も理恵のパンツの中に右手を入れ、初めて触る娘
の下半身に動揺しながら、そっと割れ目に中指を沿え、クリトリスに優しく触れる
と理恵は、「お父さん、私、気持ちいい」と言いながらさらに強く私の物を握ってき
た。私は、優しく、優しく、まるで壊れものに触るように、少しぬれてきた入り口
をそっと確認しながらクリトリスにその愛液を塗りつける行為を続けた。理恵は、
突然、自分でパンツを急いで脱ぎ始め、「お父さん、来て!」といって足を開き、私
をその間に迎え入れようとした。私は、さも冷静な振りをよそって「理恵、後悔しな
いかい。」と顔を覗き込むと理恵は蒸気した顔で小さく「うん・・。」とうなずいた。
私は、枕もとの引き出しから、コンドームを取り出した。まさかコレを我が娘相手
に使うなんて想像すらしたことは無かった。私は、しっかり根元までそれを装着し
理恵のひざを割って間に入った。私は、理恵の入り口は、まだ少し濡れ方がまだ少
ないと思い割れ目に沿って、ちょうどパンに挟んだホットドッグのように私自身の
ペニスでゆっくり前後に愛撫してやると、理恵は「お父さん、気持ちいい!」と声を
荒げ、しっかり胸を合わせてきた。私は、理恵のTシャツをしたからめくりあげると
理恵は、両手を上げシャツが脱げ易いように協力した。初めて見る理恵の胸(おそ
らくCカップ)を優しく手の平で愛撫し、小さく突起した乳首を口に含んで舌で転が
すと理恵はピクッとしながら「気持ちいい!」と繰り返すだけだった。すると理恵が
左手で私のペニスを握り、「お父さん、来て!」と言いながら自分の入り口に導い
た。私は、「いいね」と言うと同時に静かにゆっくりと理恵の中に埋没させた。一
瞬、理恵が痛そうな顔をしたようなのでそこで止めると、理恵は「お父さん、気持ち
いい!もっと来て!」と言いながら下から腰を持ち上げて自ら深く招きいれたので
す。私は、狭くて強烈な快感に酔っていると、理恵はゆっくり下から腰を前後し「お
父さん、お父さん!気持ちいい!お母さんのように激しくして!」と言った。私は、
何だ、お父さんとお母さんのするとこ見ていたのかと思いながらも、うわ言のよう
に「お父さん、お父さん!」と言い続ける理恵には問い詰めず、奥深く前後すると、
私自身が限界にきそうだ。理恵の足を閉じさせて、私は挿入したままで理恵の上に
またがり、さらに激しく動いた。もう限界だった。一気に発射してしまったが、理
恵も同じように限界だったらしい。ぐったりしたまま、息だけが弾んでいた。
しばらくして後始末を終え、再び向き合って抱き合ったまま、理恵に小さく、聞い
た。「理恵、後悔しない?」。「うん、嬉しかった。ギュッとして!」と言ってさらに
腕に力を込めてきた。私は、これで最初で最後にしようと誓いながらも、また理恵
が一緒に寝ようと言ってきたら自信が無いような複雑な気持ちでいた。

【女子○生との丸秘エッチを成功させるサイトをご紹介】


~MIXIで代表されるSNSの出会い版~
チャット機能も充実しており、リアルタイムでのメッセージ交換により、
仲良くなれる率も大幅にアップ♪
サービスは勿論フリーメールも使えて完全無料!!
目的別、地域別で選べるサーチや、無料で生電話が聞ける機能など、
多彩なコンテンツが盛り沢山!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 





keikoの筆狩日記がむちゃらエッチな写真タダ(無料)ブログナオミが体験したヌメヌメなお話♪keikoの筆狩日記裸婦天ブログおねえちゃんブログ人妻とセックスしました。おっぱいの楽園♪ ウラブログピンクパラダイス!妻MAP@出会い体験談【2ch】ニュー速クオリティkeikoの筆狩日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ