FC2ブログ

独身最後の夜に・・・

エロエロちゃんo(~∇~o)(o~∇~)o独身最後の夜に・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚式を明日にひかえ、父と私は夕飯をいただきながらビールで乾杯、
「お父さん、きょうまで育てていただいてありがとうございました」
「親として、あたりまえの事をしただけだ」、父は照れていました。
我が家は父と私の父子家庭、明日の夜からは父の一人ぐらしが始まります。
ふたりで飲みながらいろんな事を話ました
36741.jpg36740.jpg36736.jpg
完全無料で、まじめな恋愛から結婚へ♪
私が小学生の時亡くなった母の事、中学3年の時は、
父の再婚に猛反対してあきらめさせた事、話はつきませんでした。
夜の9時ごろになって、父は明日は忙しいから風呂に入って寝ると言っったので、
「ねぇ、お父さん、最後の夜だから一緒にお風呂入ろうか、背中ながしてあげるね」
父は「いいよ、いいよ、よけいな事せんでいい」、さっさとお風呂場にいってしまった。
私はどうしようか迷ったけど、少したってから着てるものを全部脱いで
バスタオル一枚からだに巻いてお風呂場に行って「お父さん、入るね」そう言って
戸をあけて入った。父は困った顔したがだまっていた
「お父さん、タオル貸して」、父からタオルを取って背中を洗いはじめた。
「お父さん、こっち向いて」、と言ってふたりは向き合い
私は石鹸のついたタイルで父の首、胸を洗っていると、
「これじゃぁ、まるで子供だなぁ」などど言い私を見て、
「美保もいつの間にか大人のおんなになってたんだなぁ」、と言って、
気づくと父のアレが大きくなって上をむいていました。
私がどうしてって聞くと父は「俺も男だからな、娘とはいえ若いおんなの体を見ると」
「それに、美保はいいオッパイしてるんだね」って言うんで
「さわっていいよ」って言って父の手を取って私の胸にさわらせた。
私は父の元気なアレも石鹸をいっぱいつけて洗ってあげた。
始めはおそるおそるさわっていた父もだんだん大胆になってきて、
私の息が荒くなってっきたのを見た父は「気持ちいいかい」言うので、私はうん、とうなづいた。
「お父さん、してもいいよ」って言ったら、そんな事は出来ないって言うので、
私は父のアレを手で握りゆっくりと愛してあげると父はアッという間にいってしまって、
父の出したものが私の体にかかってしまった。父はきまり悪そうにゴメンとあやっまた。
私は父がかわいいと思った、父のアレをきれいに洗ってあげた。
翌日の結婚式はたくさんのひと達に祝福された。
ありがとう、お父さん。

広告塔は「ほしのあき」ちゃん。
芸能人使用という事で「信用あり!」のサイトです。
それんな信用たっぷりなのは、■■【DEER HAPPY】■■
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 





keikoの筆狩日記がむちゃらエッチな写真タダ(無料)ブログナオミが体験したヌメヌメなお話♪keikoの筆狩日記裸婦天ブログおねえちゃんブログ人妻とセックスしました。おっぱいの楽園♪ ウラブログピンクパラダイス!妻MAP@出会い体験談【2ch】ニュー速クオリティkeikoの筆狩日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ